コーヒーをアレンジして美味しくする簡単レシピとチョイ足しテク

b690f808832cbff162311e7bc7d8ee4d_s

 

みなさんは普段

コーヒーは結構飲まれますか?

 

お笑い芸人の千原ジュニアさんは

どんなに寝坊しても

コーヒーを飲まないことには

一日が始まらないというくらい

コーヒーが好きなんだそうです。

 


 

 

人によって頻度や飲むシチュエーション

は違うと思います。

 

毎日カフェでコーヒーを飲むのが

日課という人もいれば

中にはわざわざカフェまで行って

コーヒーを飲まない

という方も中にはいらっしゃいますよね。

 

ただ、家ではよく

インスタントコーヒーを飲む方にとっては

もっとコーヒーを

「今以上にもっとおいしいく飲みたい」

と思っている方も多いのではないでしょうか

 

手軽にコーヒーを楽しめる、

インスタントコーヒーはとても便利です。

 

そこで、インスタントコーヒーを

ちょっとした工夫で

本格的なカフェの味が

楽しめるコツをお教え致します。

 

インスタントコーヒーは日本人が発明したものだった!

 

まずインスタントコーヒーの歴史について

気になった方もいるかもしれないので

ひとつエピソードをご紹介致します。

 

インスタントコーヒーの歴史は

意外とまだまだ浅いもので

 

1899年に

アメリカのイリノイ州シカゴに在住していた

日本人科学者のカトウ・サトリ博士が

緑茶のインスタント化の研究途上に、

コーヒーを一度液化し、

この抽出液を真空蒸発缶に入れて水分を除去し、

粉末にするという「真空乾燥法」

の実験に成功しました。

 

当時の日本では

インスタントコーヒーの販路がなく、

カトウさんはアメリカへ渡り

シカゴで加藤商会を設立しました。

 

1901年、ニューヨーク州バッファローで

開催されたパンアメリカン博覧会で、

日本人の化学者、加藤博士が

「ソリュブル・コーヒー(=溶けるコーヒー)」

と名付けて発表しました。

 

しかし…

カトウ博士は特許をとっていませんでした。

 

1903年に別の方法でインスタントコーヒーを作った、

ジョージ・ワシントンが特許をとり、

幻の発明者となってしまいました。

 

タイムマシーンがあったら

思わず「ちゃんと特許とっておけよっ」

と助言したくなりますね。

 

インスタントコーヒーには製法の違いがある

 

抽出させた液をどのように顆粒状に加工するかによって、

インスタントコーヒーの製造方法は

2つの異なる方式に分かれます。

 

スプレードライ法

 

形状の特徴は、微粉状です。

高温の乾燥塔の中で、

濃縮されたコーヒー液を噴霧し、

瞬間的に水分を蒸発させます。

すると乾燥した粉末状のコーヒーができます。

 

冷たい水にも溶けやすいという利点があり量産性が高いですが、

製造時の熱によって香味をやや損ないやすいです。

 

フリーズドライ法

 

形状の特徴は、

2〜3mm程度の大きさで角が尖った粗い粒状です。

 

濃縮されたコーヒー液を

零下40度ほどの低温で凍結させ、

真空状態で

昇華(固体が液体にならずに気体になること)させます。

 

すると氷のあった部分が

そのまま空間として残り大粒の粒子ができます。

 

この製法は低温処理のため

コーヒーアロマ(焙煎の熱で生じる各種の揮発性芳香物質によるコーヒー特有の香り)

がよく保存させます。

 

スプレードライ法に比して香味は損なわれにくいが、

製造に手間がかかるためやや量産性に劣る。

このため、スプレードライ法の製品より価格は高めです。

 

家庭でおいしく飲むのにはフリーズドライ製法のものを選ぶ

 

上記の通りでスプレードライ製法は

値段が安い分、風味・香りが飛ぶ、

焦げ臭くて苦いという短所もあります。

 

それなので、フリーズドライ製法で

作られたインスタントコーヒーの方が

家庭でおいしく飲むのにはオススメです。

 

アロマが自慢、味わい深い

というメリットがあります。

 

やはりコーヒーをおいしいと思える要素で

香りって大事ですよね。

 


 

 

さっと乾煎りする

 

インスタントコーヒーを

フライパンでから煎りするだけで、

香ばしさがアップします。

 

焦げ付きを抑えるためにも

テフロン加工のフライパンを選びましょう。

 

インスタントコーヒーを弱火でじっくり炒ります。

ほんの少し焦げてきたかな

というところで火を止めてカップに移します。

 

フライパンでから煎りするってだけで

なんだか非日常な感じでいいですよね。

 

水選び

 

一般的にコーヒーに最適なものは、

硬水ではなく軟水といわれています。

 

世界保健機関 (WHO) による

水の硬度基準では

 

・軟水=0~60未満

・中程度の軟水(中硬水)=60~120未満

・硬水=120~180未満

・非常な硬水=180以上

 

一般的にヨーロッパでは硬水、

日本では軟水が生活用水の主流となっていますので、

日本人好みの水は硬度80ppm以下の軟水です。

 

一般的な市販の水だと

 

軟水

・クリスタルガイザー

・ボルヴィック

 

硬水

・エビアン

・ヴィッテル

などがあげられます。

 

少量のお湯で練る

 

カップにインスタントコーヒーの粉を適量入れて、

ティースプーン一杯程度のお湯で練ってみましょう。

 

酸味がやわらぎ、

味がまろやかになるようです。

 

練っている間から、

コーヒーの香ばしい香りが楽しめます。

 

やわらかいチョコレート状になったら、

しばらくごりごり練って、お湯を注ぎます。

 

なんだか手作りのチョコレートを

作っている時みたいな感じですね。

 

お湯の温度は80~90度で

 

カップに注ぐお湯は

80度から90度ぐらいにしておくと、

まろやかな味わいになって香りも引き立ちます。

 

基本的に温度が高すぎると苦味が増して、

低すぎると酸味が増すので、

苦みや酸味が好きな方は

それに合わせた温度を見つけるのも良いかもしれません。

 

まろやかで熱々なコーヒーが飲みたい場合は、

カップを温めておくと良いです。

 

電子レンジで温める

 

コーヒーをお湯で溶かして普通に入れた後、

電子レンジで温めます。

 

こうするとインスタントコーヒーの

分子構造が活性化され味がまろやかになります。

 

ひと工夫するだけで、よりおいしくなるなら

あまりめんどくさいと感じませんね。

 

コーヒーに麦茶を入れる

 

インスタントコーヒーは、

どうしても香りが弱くなってしまいがちです。

 

そこで役に立つのが、麦茶なんです!

 

麦茶は、ご存知の通り香ばしさが自慢なので、

コーヒーに入れれば、

香りをグッと引き立たせることができます。

 

ただし、入れ過ぎると、味が薄くなってしまうので

少しずつ試して、

 

自分の好みや使っている

インスタントコーヒーに合う量を見極めてください。

 

麦茶とコーヒーが合うなんてなんだか以外ですね。

まさに和と洋のコラボレーションですね。

 

コーヒーに塩を加える

 

ほんのひとつまみ、パラリと入れると、

まろやかさと酸味が加わります。

 

アラブ諸国では砂糖ではなく

塩を入れるほうがポピュラーな飲み方です。

 

一瞬、味付けを間違えたように感じてしまいますが

文化が違うと塩もありなんて、ちょっと驚きですね。

 

ちょい足しテクニック

 

・生キャラメルを入れる

→溶かしながら味の変化を楽しめます。

 

・ココアパウダーとミルクを混ぜる

→カフェモカ風になります

 

・バニラエッセンスを入れる

→ハワイで人気のバニラフレーバーの

ライオンコーヒーみたいになります。

 

これは一例ですが

他にも色々ありそうですね。

 

これは合うかもと思ったら

コーヒーにちょい足ししてみるのは有りかもですね。

 

コーヒーは正しく保存する事が大切

 

コーヒーは、湿気と熱を嫌います。

開封後は、使用するたびに

蓋をしっかりと閉めて保管しましょう。

 

また、簡単に湿気を防ぐ方法は、

逆さまにして保管することです。

 

こぼれないようにしっかりと蓋をして、

逆さまにしておくことで、

より湿気にくくなります。

 

逆さまにすることは普通だったらしませんが

おいしく保存するために、

これからは心がけていきたいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

普段何気なく家庭で飲んでいる

インスタントコーヒーも

少しの工夫で

本格的な味を楽しめることができるのですね。

 

飲むものがおいしいと

毎日の充実感もあがってくること間違いなしですので

是非試してみてはいかがでしょうか。

 

【こちらの記事もいかがですか】

マッサンでブーム再来!ウイスキーの美味い飲み方とお勧めつまみ

よく当たる無料の夢占いで運勢チェック!ランプやライトの夢など

セロトニンを増やす食べ物と増やす方法【ライフスタイル向上編】

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ