転職する際に知っておきたい!ブラック企業の見分け方とは?

businessmen-42691_640

リーマンショック以降

あらゆる企業では、

 

新卒採用や中途採用の枠を削減など

以前厳しい状況は続いています。

 

そのため転職希望者は、

自動的に高い競争率の戦いを

勝ち抜かなければなりません。

 

しかし、今の世の中でも

サービス残業や

セクハラ、パワハラがまかり通る、

 

法令順守とはほど遠い

ブラックな会社があるのも事実です。

 

説明会などでは

良いことばかりを言っておいて

 

いざ入社したら

劣悪な環境の会社だった

なんてこともありえます。

 

その結果

公務員や大企業などの

安定感のある企業に人気は集中します。

 

しかし中小企業でも

良い企業はたくさんあって

見分けるにはポイントがあります。

 

今回は

転職する際に知っておきたい

 

ブラック企業の

見分け方についてまとめてみました。

 


 

 

しょっちゅう求人サイトやハローワークで求人をしている

 

ブラック企業を見分けるには、

ハローワークの

求人を調べてみるという手もあります。

 

いつでも求人広告を

出している企業があります。

 

公開型の一般転職サイトや、

ハローワークなどで、

 

いつでも求人を出している

企業は要注意です。

 

何故かと言えば、

そのような企業は

労働環境が悪いため

 

人の出入りが激しい

ブラック企業

である可能性が高いからです!

 

一概にはいえませんが

 

ずっと求人を出している

企業のへの応募は後回しで

いいのではないのでしょうか。

 

 

ホワイト企業は人を大事にする

 

まずは、

どんな企業が良い企業

なのかを考えましょう。

 

良い企業のことを

ブラック企業の反対の

ホワイト企業と表現させて頂きます。

 

仕事内容、お金、福利厚生。

これは、人によって色々あると思います。

 

成果主義を導入済みの外資系や、

日本でも給料はめちゃくちゃ高く、

仕事も本人次第で

いくらでもやらせてもらえるが

 

休暇は

ほとんどないという会社もあります。

 

ここでは

人を大事にする企業が

ホワイト企業とさせてもらいます。

 

人は組織の構成要素の

最低単位であり、

 

社員を大事にする企業は

悪い会社ではありません。

 

人を大事にする企業は、

手厚い福利厚生、教育制度の充実など、

 

社員を守る施策を

実施しているはずです。

 

対してブラック企業は、

「人は使い捨てるもの」

という考えの経営者もいます。

 

そんな会社では、

いくら仕事内容が良くても、

 

仕事のモチベーションは

上がるはずがないのです。

 

それなので転職先の企業が

どれだけ人を大事にしてくれるかというのを

しっかりと調べておきましょう!

 


 

 

ホワイト企業は、人にお金をかける

 

人を大事にする企業とは、

言い換えれば、人に金をかける会社です。

 

・残業代をちゃんと払う

・定期的にキャリアに応じた研修を導入する

・社員の有休消化率を100%を目指す

などなど

どれも会社に負担がかかります。

 

しかし転職期間中には、

ここまでの情報はわかりません。

 

どういうところでわかるかというと

 

人を大事にする企業は

採用までのステップが多いことなのです!

 

そういったホワイト企業は

その人のことを

十分理解した上で採用したいはずです。

 

なぜなら、

入社後も会社のために

貢献してくれる大事な人材だからです。

 

入社後も

お金をかけて教育を施すのですから、

 

多少の手間暇を惜しまず、

できるだけその人のことを

理解したいと考えます。

 

そのためには長い時間をかけ、

何回もその人のことを

知りたいと思います。

 

面接の回数も最低でも

3回は実施する会社は、

そういう姿勢が感じ取れます。

 

 

ブラック企業は採用までの期間が短期間

 

応募して、面接を1回だけして

即採用などといった会社は

ブラック企業な可能性があります。

 

1回だけでは、

会社側の説明も不十分な可能性が高く。

 

後から聞いていないと

いうことがどんどん出てくる可能性があります。

 

しかも、入社早々大した説明もなく

いきなり大きな仕事を

 

短期間で任せられたり

と言った事も現実としてあるのです。

 

それなので

即採用といったケースには

 

まずは

疑問を持った方がいいといえるでしょう!

 

 

ただしケースによってはブラック企業でも良い点はある

 

ここまで述べた通り

ホワイト企業では人を大事にする分

仕事では無理はさせません。

 

それに対してブラック企業は

仕事が山のように溜まっているのが

当たり前なので、

 

やる気次第ではどんどん仕事をこなし、

短期間で物凄いスキルが

上がる場所でもあります。

 

未経験から

2,3年ブラック企業で修行をして、

 

その経験を武器に

良い企業に転職するという

 

成功の道が

転がっているのも事実なのです。

 

但し、ブラック企業では、

仕事の激務から人が消息を絶ったり、

 

入院するなどの非常事態が

日常茶飯事なところでもあるので、

体と心が頑丈な人のみおすすめです。

 

 

上記の情報を参考に

転職の際には

ホワイト企業を見つけていってくださいね。

 

【以下の記事もオススメです】

安定なイメージの公務員に転職するメリットとデメリットとは?

一度は憧れる外資系企業に転職するメリットとデメリットとは?

転職する際に覚えておきたい!円満退職する方法とは?

 

 


 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ