国産ビールとは感覚が違って楽しい!おすすめ海外ビール9選

1664 philosophi

みなさんは普段

海外のビールはよく飲まれますか?

 

日本のビールもおいしいですが

海外のビールは

 

種類によって、

全くビールとしての

味わいが全然違ったりと

 

ビールを飲んでいるのに

全く違う飲み物を

飲んでいるような感じで

楽しくなってきたりします。

 

今回は

おすすめの海外ビールを

つご紹介します。





1.1664

 

フランスの人気のビール『1664』

 

日本でいうところの

キリンビールの一番搾り

のような存在です。

 

1664という名前は、

このブランドが

できた年に由来しています。

 

クセはないけれど薄くはない、

甘すぎず辛すぎず

 

とはいえビール特有の

味わいや香りが感じられる、

まさに「ちょうど良い味」なのです。

 

誰にでも受け入れられる味

というのが

このビールの人気の秘密のです。

 

 

2.ボディントン パブエール

 

こちらのビール、

なんと缶の中に

窒素ガス玉が入っていて

 

生クリームのような

クリーミーな泡が立ちます。

 

さっぱりと

フルーティな風味がして、

後味に苦みがくるので、

 

味の濃い食べ物などと

良く合うビールです。

 

 

3.シンハービール

 

1939年にタイ王室より、

特に優れた品にしか与えられない

 

神鳥ガルーダのラベルを

授与した由緒正しき

プレミアムビールです。

 

世界有数の高級麦芽を使用し、

苦みが強く、深いコクが特徴です。

 

エスニックの国で

生まれただけあって、

 

カレーやスパイシーな料理に

非常によく合います。

 

カレーとビールの組み合わせを

普段そんなにやらない方は

 

是非このビールで

試してみてはいかがでしょうか。

 

 

4.サグレス

 

ポリトガルの国内シェアの

約4割を占める

超メジャーブランドビールです。

 

サッカー王国ポルトガルにおいて

サッカーリーグの

スポンサーを務めていることもあり、

 

まさに

知らない人はいない

存在のビールなのです!

 

色は光り輝く黄金色で

グラスに注ぐと、

非常にきめ細やかな泡が目を引きます。

 

飲んでみると

苦味はほとんどなく、

コクがありマイルドな味わいです。

 

麦芽の旨味がしっかり感じられ、

ほのかな甘味と酸味が好バランスです。

 

泡持ちもよく、

最後までおいしく飲み干せます。





5.ゲッサー ピルスナー

 

オーストリア全土で

一番親しまれているビールです。

 

ピルスナーの特徴である爽快さの中に、

コクと苦みもきちんとあり、

のどごしは最高です!

 

またこちらのビールは水が命で

醸造所にわき出す

オーストリア有数の素晴らしい水を使っていて、

 

さわやかで上品な香りを

作り出しています。

 

やはり水にこだわっているビールって

おいしいですよね!

 

 

6.ビッラ メッシーナ

 

イタリアを代表する

ビールのひとつです。

 

さっぱりと爽やかな風味で、

キレのあるドライな飲み心地です。

 

また、柑橘系の酸味とほどよい苦みで、

どんな料理にも良く合いますが、

 

さっぱりとした味なので、

シーフードやサラダなんかと

相性がいい傾向にあります。

 

ラガービールなので、

日本人の口には良く合うビールですよ。

 

 

7.デュベル

 

「世界一魔性を秘めたビール」

とうたわれるデュベルは

 

そのクリーミーで

腰の強い泡立ちが特徴なのです。

 

アルコール度数は高めですが、

それを感じさせない口当たりと甘い香りが

 

あなたを魅惑の世界へと

連れていってくれるでしょう!

 

酵母を残して瓶詰めをしているので、

シャンパンのように瓶内で

発酵が継続しているそうですよ。

 

 

8.グロールシュ・プレミアムラガー

 

最近日本では「プレモル」などの

プレミアム系のビールが流行っていますよね。

 

このグロールシュ・プレミアムラガーは

そんな日本のプレミアムビールに

 

近い味わいをもった

調和がとれたビールです。

 

飲みやすく爽快なのどごしですが、

しっかりとコクがあり

 

ビール好きなら

たまらない一品だといえるビールです。

 

 

9.コナ ファイヤーロック ペールエール

 

赤みがかった濃い色で、

泡立ちが美しい

アメリカンのビールです。

 

香りはカラメルのように甘く香ばしく、

苦みと深いコクが特徴的です。

 

ゆっくりと時間をかけて

口の中で苦みを楽しむのも良いでしょう。

 

こんなおしゃれな感じのビールなら

休日にお昼から

 

のんびりしながら

飲みたくなってきてしまいますね。

 

【以下の記事もオススメです】

パターンが増えると楽しい!ビールの飲み方のアレンジ方法7選

少しの工夫で更においしくなる!ビールの美味しい飲み方とは?

バー初心者必見!バーでのマナーや楽しみ方のポイントとは?






LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ