モデルからも注目される大豆の美容効果についてまとめてみた

347a890794828bc9f97cc414206ef344_s

女性ホルモンのバランスを保つ食材として

お馴染みの「大豆」。

 

みなさんは

食生活に取り入れていますか?

 

モデルさんの間では

カフェにいった時には

 

豆乳を使った

『ソイラテ』を

飲むことが習慣になっているようで

 

大豆に含まれる

美容効果を積極的に

摂取しているようですよ。

 

もし大豆が栄養素が

私たちの体にとてもいい影響を与えるなら

効率的に摂りたいですよね。

 

今回は大豆に含まれる

美容効果について

まとめてみました。

 

美肌、美髪には大豆を!

 

美肌や美髪の維持には欠かせないのが、

ビタミンB1、B2、B6や

ビタミンEです。

 

ビタミンB1には

神経の安定や集中力、

意欲の向上などに

役立つ栄養成分です。

 

イライラを抑える効果もあるため、

積極的に

取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

またビタミンEには

細胞の酸化を抑えて、

老化を防ぐはたらきがあります。

 

ビタミンEは

アンチエイジング、美肌づくりには

非常に効果的です。

 

若返りを促進するので

肩こり解消や冷え性にも

もってこいなのです。

 

知ればしるほど

素晴らしい大豆の栄養成分。

 

いつまでも若々しく

美しい女性になるためには、

欠かせない食材なのです。

 

 

朝は豆乳、夜は納豆を

 

そんな大豆の力を

絶えず体内でキープするには、

 

1日2回、

朝と夜に食べるのがポイントです。

 

大豆を食べて

体内に吸収された

栄養分の「イソフラボン」は

6時間~8時間ほどで半減します。

 

朝食と夕食など、

時間をあけて大豆食品を補うと、

効果が長く続き理想的です。

 

そこで「イソフラボン」を

常に体の中に保つため、

 

朝に豆乳、

夜に納豆の

1日2回の大豆食をお薦めします。

 

豆乳なら、

忙しい朝も手軽に摂れて胃にも優しく、

 

他の大豆食品と比べて

「イソフラボン」の

体内への吸収が早いようです。

 

夕食には

発酵食品の機能性を持つ納豆を

食べましょう。

 

夕食なら臭いも気にならず、

食物繊維を多く含むので、

食後の血糖値の上昇も緩やかになりますよ。

 

大豆には、

肌の再生に必要なたんぱく質や

抗酸化作用をもつ「サポニン」も豊富です。

 

朝の豆乳と夜の納豆を続けると

肥満改善効果も期待ができます。

 

これらの効果を期待するには、

豆乳なら1本200ml、

納豆なら1パックgが目安です。

 

骨密度を保つ効果

 

大豆イソフラボンは、

女性ホルモンの減少による骨からの

カルシウムの溶出を抑え、

骨密度の低下を防ぎます。

 

納豆を食べる女性ほど、

骨密度が高いというデータもあります。

 

チーズや小魚など、

カルシウム豊富な食材も組みあわせて、

骨の強度を保ちましょう。

 

 

大豆の栄養が効きやすい人と効きにくい人がいる!?

 

大豆イソフラボンは、

特定の腸内細菌によって

強力成分「エクオール」に変化します。

 

この腸内細菌を持つ日本人女性は

約4割とも言われています。

 

つまり、大豆イソフラボンが

効きやすい人とそうでない人が

いるということです。

 

体内にこの腸内細菌がいるかどうかは、

長年の食生活の影響が大きいため、

 

毎日しっかり

大豆食品を摂ることが大切なのです。

 

 

ストイックに肉を排除せず、大豆を楽しもう

 

ここまでの大豆のメリットを知ると

肉を食べずに

 

大豆を中心とした

「ベジタリアン」

になろうかなとも思ってしまう人も

出てくるのはないのでしょうか

 

しかし肉を食べずに

あまりストイックにすると、

食事の楽しみも減ってしまいます。

 

みんなでご飯を食べに行った時に

人に気を遣わせてしまったり、

 

せっかっくみんなが集まるディナーで

一人だけ違うものを食べていたり、

 

肉だけでなく魚を拒めば、

刺身も寿司も鰹ダシのうどんも

食べられません。

 

私は日本人で

小さい頃からそうしたものを

食べているせいかもしれませんが、

 

そうしたものを

全て排除する気は全くありません。

 

でも、肉を食べて自分の胃に

大きな負担をかけるのは避けたいですし、

 

地球温暖化の原因となっているとされる

畜産を促進するのも少し気が引けます。

 

恒常的にそうした肉を食べないことで、

自分の身体や地球のためになるのであれば、

心も体も快適です。

 

それなので

ケースバイケースで

 

肉や魚類も

上手に食べていくようにしましょう。

 

 

まとめ

 

このように大豆には

美容や健康にとてもいい成分が

豊富に含まれています。

 

しかも豆乳や納豆のように

結構身近に摂取できるものも多いので

 

私生活の中で

上手に取り込んで

いってみてはいかがでしょうか。

 

【以下の記事もオススメです】

サーモン、豆乳などのシチュー人気簡単レシピ集【クックパッド】 

ダイエット中に飲むならコレ!スタバのカロリーが低い甘い飲み物

便秘にも肌にも目にも効く奇跡の果物アサイー!美容効果を調査

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ