阿蘇山で噴火発生 警戒レベル3に引き上げ

14日午前、熊本県の阿蘇山で噴火が発生し、噴煙が火口から2000メートルまで上がり、火口周辺で大きな噴石が飛んだのが確認されました。気象庁は「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルをレベル2から入山規制を示すレベル3に引き上げるとともに、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、14日午前9時43分ごろ、阿蘇山の中岳第一火口で噴火が発生し、噴煙の高さが火口から2000メートルまで上がり、火口周辺に大きな噴石が飛んだのが確認されました。
気象庁は午前9時50分に噴火速報を発表するとともに、今後も同じ規模の噴火が発生する可能性があるとして、午前10時10分に火口周辺警報を発表して噴火警戒レベルをレベル2から入山規制を示すレベル3に引き上げました。そのうえで、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけるとともに、風下では火山灰や小さな噴石に注意するよう呼びかけています。
阿蘇山では、その後も噴火が連続して発生していて、午後3時まで噴火が続いた場合、阿蘇市と南阿蘇村で多量の降灰が予想されているほか、高森町でやや多量の火山灰が予想されています。
気象庁は午前11時半から記者会見し、「今回の噴火では噴煙が水平方向にも広がっていて、火砕流が発生した可能性がある。阿蘇山では今後も同じような規模の噴火が発生するおそれがあり、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するとともに、風下では火山灰や小さな噴石に注意してほしい」と呼びかけています。
熊本県の阿蘇山は複数の山からなる活火山で、最も高い高岳は標高が1592メートルです。去年11月に中岳第一火口でマグマ噴火が起きて以降、活発な噴火活動をくり返し、ことし5月末に噴火はいったん停止しましたが、先月8日に再びごく小規模な噴火が発生し、今月も3日と10日、それに11日にごく小規模な噴火が発生していました。

専門家 昭和54年の噴火以来の規模

阿蘇山の噴火について、京都大学の石原和弘名誉教授は「今回の噴火は火口周辺の堆積物が何らかの原因で一気に噴出したとみられる。阿蘇山としては昭和54年の噴火以来の規模で映像から見るかぎり、黒煙が火口からかなり広い範囲に及んでいて、火砕流も発生している可能性があると考えられる」と話しています。
また、阿蘇火山博物館の須藤靖明学術顧問は、「阿蘇山では、今月11日に小規模な噴火が発生して以降、火山性微動の振幅が大きくなっていた。火山灰などを確認しないと詳しいことは言えないが、今回の噴火にはマグマが関与した可能性がある」と話していました。
引用http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010233441000.html

LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ