朝ドラのあまちゃん~マッサンのヒット法則とは?まれは? (動画

o-MASSAN-facebooksdfsgsdag

出典:http://goo.gl/mqteP1

 

2015年の3月に入ってから

NHKの朝ドラでは

まもなく最終回を迎え放送終了となる「マッサン」と

 

その次からスタートする

『まれ』に関しての話題が

増えているところではありますが

 

実はここ最近、NHKの朝ドラの

「あまちゃん」~「マッサン」までが

高視聴率を記録されたことに

ある法則があるということが話題になっているようです。

 

 


 

 

あまちゃん~マッサンまで4作連続で視聴率が20%を超え

【動画】マッサンの次から放送の「まれ」のヒロインの土屋太凰さん

NHK連続テレビ小説「マッサン」が、

好調を維持したまま28日に最終回を迎える。

 

当初は初の外国人ヒロインとなる

シャーロット・ケイト・フォックス(29)の起用などで

心配されていたが、

 

ここまでの平均視聴率は20%を超えるヒット。

 

先週(2~7日)の週間平均視聴率も22・2%と、

安定した数字を残している。

 

これで2013年4~9月の

「あまちゃん」から「ごちそうさん」「花子とアン」

「マッサン」と4作連続で

平均視聴率が20%を超えるのは確実。

 

NHK内では

「高視聴率を記録するには、“ある法則”がある」

とささやかれている。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00000020-tospoweb-ent

 

 


 

 

その法則とは?

「実は『あまちゃん』

というタイトルを決める時に

 

最後の文字を“ん”にしよう

という案が出た。

 

“ん”という字は、書き終わると上に伸びるので

『視聴率が伸びて終えることにつながる』

という意味で、こんな案が出た」(NHK関係者)

 

最初は冗談半分だったが、

「あまちゃん」は社会現象となるほどの人気になった。

 

「『あまちゃん』にあやかり、その後もゲンを担いだ。

 

『ごちそうさん』『花子とアン』『マッサン』

とタイトルの最後の文字には“ん”が付けられています」(同)

 

4作とも大ヒットとなったが、

ここに来て流れが止まりかねない事態が発生。

 

「マッサン」の後、30日からスタートする

「まれ」には“ん”が付いていないのだ。

 

「まあ冗談半分で始まった案だから、

“ん”が付いてないタイトルもありうるけど

好調が続いているのだから

『コケるまで続けりゃいいのに』と、局内では言われている」

(同)

 

ちなみに「あまちゃん」の前に放送された

朝ドラは「純と愛」。

 

最後の文字は“い”で、

平均視聴率は17・1%だった。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00000020-tospoweb-ent

 

 

「マッサン」の次に放送される

「まれ」は

「ん」の法則が使われていないので

新の実力が試される感じですね

 

この効果にあやかって

ドラマだけのみならず

 

「ん」の法則は

色々な番組のタイトルで使われるかもしれませんね。

 

 


 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ