嵐の人気がずっと続いているのはライブ?その理由をまとめてみた

嵐-–-オーライ

ジャニーズ

「嵐」

は国民的男性アイドルグループで

 

同じジャニーズの中でも

かなり郡を抜いて

活躍を見せていますよね。

 

アイドルはいつの時代も

色んなアイドルが

人気となりますが

 

嵐の場合は

長期的にトップクラスの

人気が続いています。

 

その理由は

いったいどんなところなのでしょうか?

 

今回は

嵐の人気がずっと続いている理由

をまとめてみました。

 

子供からマダムまでファン層が幅広い

 

嵐のライブに行くと

当然ながら95%は女性ファンですが

 

そして若いファンだけではなく、

親子連れやマダム同士も多いのです。

 

若い人よりも

お金を持っているマダムの方が

 

当然グッズにお金をかけたり

ライブに足を運ぶ回数が

多くなりそうですよね。

 

 

親しみやすさを感じるから

 

嵐はCMでもバラエティー番組でも

親しみやすさを感じさせるものが多いのが

特徴でもあります。

 

かつて放送されていた

テレビ番組の

『ひみつの嵐ちゃん!』の

 

『マネキンファイブ』

というコーナーでは、

 

メンバーがテーマに沿って

ファッションを

コーディネートするのですが、

 

いわゆる

キメキメの芸能人ファッションではなく、

 

普通の男の子が

着るような服を着ています。

 

かつ企画の中で

セルフコーディネートした

ファッションのセンスがないと

 

時には芸人並にダメだし

をくらう始末だったりするのです。

 

明らかにキメキメだったら

距離が遠くて

共感ができないものですよね。

 

それなので

そういうシーンを見ていると

嵐にとても親しみやすさを感じるのです。

 

全員が横並びの人気を得ているから

 

嵐の場合は

誰かが突出して目立っているわけでもなく、

 

メンバー全員の

認知度が高いのも特徴なのです。

 

それには、5人の

それぞれの異なる魅力があることが

関係しています。

 

・大野君はリーダーなのにリーダーっぽくない

それでいて、場をうまくまとめており、

他の4人からもリスペクトされているところ

 

・相葉君はいじられキャラで嫌みがない

 

・松本君は『花より男子』

の作品に代表されるような感じで

存在感があって華やか。

 

・二宮君はドラマや映画中心に

どんな役でもこなせる器用さがある。

 

・桜井君は、キャスターをやっているだけあって

思考が論理的で言語感覚にも優れている

 

このように

アイドルグループによくある

誰かが人気の中心になっている

 

というのと違って

5人がそれぞれ違う魅力があるからこそ

人気が横並びなので

 

グループ全体として

人気が強いことがいえるのです。

 

 

ライブでのパフォーマンスレベルが高い

 

嵐のライブは一般人に見せたい

ジャニーズコンサート部門1位

なんて言われています。

 

ジャニーズのライブは

イメージとして

 

「ジャニヲタ」

という言葉があるように

 

元々ジャニーズのファンでしか

楽しめないイメージがありますが

 

嵐の場合は

ジャニーズの壁を越えて

 

他のアーティストと対抗できるほどの

パフォーマンスが売りなのです!

 

ライブでは

紙吹雪じゃなくて風船だったり

スクリーンに

映像じゃなくて実際の花火があがったりと

 

すべての世代が楽しめる嵐のライブは

特別ジャニーズが好きじゃない人でも、

一度は行ってみたいと思うような内容で

 

幅広い方々から

支持を受けているのです。

 

 

あの布袋寅泰さんも嵐のコンサートに参戦していた

 

日本を代表するギタリストの

布袋寅泰さんが、

 

現在全国ツアーが行われている

嵐のコンサートを観戦したそうです。

 

ツイッターで

そのコンサートを観に行ったことを明かし

話題となりました。

 

布袋さんの娘さんが

嵐の大ファンとの事で

親子で楽しんできたそうです。

 

「久しぶりに会った5人は

相変わらず眩しかった!」

 

とあの布袋さんが

ツイッターで語るほどすごいのです!

 

やはり布袋さんが認めてしまうほど

彼らのパフォーマンス力がすごいのも

人気の理由と言えそうですね!

 

【以下の記事もオススメです】

電撃婚?井上真央と嵐の松本潤が結婚宣言?【仲良し熱愛画像有】

嵐が出演している恋愛・コメディドラマおすすめ作品6選

バレンタインシーズンに見たいドラマ失恋ショコラティエが面白い

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ