2015年はアナログレコードが再ブーム!?その理由とは?

anarogu2出典:http://goo.gl/1EyqrD

 

時代とともに
音楽の聴き方は
変化をしていくものですよね

ここ最近では
CDですら聴いていない人も
多いのでないのでしょうか

そんな中
実は今アナログレコードが
再ブームになりつつあるのです!

 

 

なぜ人気が高まっているのか?

アナログレコードの人気が復活し、
昨年8月には
HMVが渋谷に専門店をオープンした。

アナログディスク生産数量をみると
2009年に底を打ち、
以後は増加。

2012年にビートルズの
アナログ盤BOX発売されたため翌年は減ったが、

2014年は
前年比166%を記録した
(日本レコード協会調べ)。

なぜアナログレコードの
人気が高まっているのか。

アナログレコード人気は

アーティスト側の音や
ジャケットへのこだわりと、
こだわって聞きたい人の
興味の両方が盛り上がってきたからでしょう
http://www.news-postseven.com/archives/20150125_299310.html

ただ単に聴くだけでなく
こだわりを持っている人は
やはり音の質を求めますもんね

そこに
その魅力を引き出せるのが
アナログレコードなのですね。

 

音の違いがわかるのが魅力

今ではiPhoneなどの普及で
常に音楽を聴くのが
当たり前の生活になりました。

でも、身近になりすぎて
音楽が消費物になってしまった側面もある
と言われています。

趣味的志向がある人にとって、
消費するだけの音楽は物足りない。

音に興味がある人は、
違いが分かるのでいろんな音を聞きたい。

針を落とすたびに違う音になり、
コンディションを整えることで
変化し新しい音に出会えるアナログレコードは、
こだわる人にぴったりなんです。
http://www.news-postseven.com/archives/20150125_299310.html

料理と一緒で
こだわりがある人は
音の鮮度を求めるのですね。

確かにデジタルでの音声は
いい面はありますが
毎回同じだと飽きますもんね。

 

 

レコードを聴く為のベストアイテムの登場

また、国内外のアーティストや
アイドルもピクチャー仕様や
凝った仕様のアナログ盤を出していますが、

今はオーディオシステムを
持っていない人が多いので

コレクターズアイテムに
なっている場合が多かった。

ところが昨年ごろから、
スピーカー、USB端子がついて

PCやスマートフォンに
ダウンロードできる

オールインワンで
1万円前後のレコードプレイヤーが
販売され始めました。

それが、レコードを
聴く大きなきっかけになっています
http://www.news-postseven.com/archives/20150125_299310.html

人気のきっかけとなった
オールインワンで
1万円前後のレコードプレイヤー

オールインワン

出典:http://goo.gl/CxOqmZ

 

コレクション要素も魅力のひとつ

2014年は、
様々なアナログレコード発売が話題になった。

アイドルのももいろクローバーZやでんぱ組.inc、
きゃりーぱみゅぱみゅ、大森靖子、
星野源、サザンオールスターズ、

そして大ヒット映画
『アナと雪の女王』からも
ホログラム印刷が美しい3枚組サントラが発売された。

ジャケットだけでなく、
盤面にイラストや写真が施された
ピクチャーレコードも多く、

プレイヤーがなくても
ファンであれば手元に置きたい
気持ちになるものばかりだ。
http://www.news-postseven.com/archives/20150125_299310.html

ファンはやはり
コレクションをしたがるものですもんね。

そういったところも
ブームにつながっているのですね。

 

再生の仕方が面倒なところも魅力にもなっている

レコードを聴くというのは、
データやCDと違って早送りできません。

一度、針を落としたら、
A面を聴き終えるまで
時間がかかります。

でも、その面倒なところがいいんです。

今は音楽を聴くだけなら、
音源の入手も何もかも
手軽に済ませられますよね。

でも、レコードを聴くということは、
その時間の流れ方も含めて魅力です。
http://www.news-postseven.com/archives/20150125_299310.html?PAGE=2

面倒な分
より音楽を聴いている時は
集中して聴く気にもなれますよね

何でもデジタルなものが
当たり前の時代だからこそ

改めてデジタルでは
表現することができない

アナログレコードの魅力が
伝わるのですね

2015年は
アナログレコードが

どこまで世の中に浸透するのか
注目してみると
おもしろいかもしれませんね。

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ