今だから言える!人気絶頂期の鈴木亜美が芸能界から干されたまさかの理由とは?

スクリーンショット 2016-02-22 14.31.02

まばゆいばかりの輝きで16歳でデビューした彼女もすでに34歳。あれから18年も経つのか、と……。

デビューから快進撃だった鈴木あみ

1998年2月、テレビ東京系『ASAYAN』内の企画「ヴォーカリスト・オーディション・ファイナル」で優勝し、歌手デビューが決まった鈴木亜美。優勝特典として小室哲哉プロデュースが告げられ、同年7月1日に『love the island』でデビューとなった。
また、それに先立ち小室の提案により本名の鈴木亜美から芸名「鈴木あみ」へと変更。歌手デビューにあたって遠峯ありさから改名した華原朋美を思わせる“小室流イニシエーション”を経て、正式に「小室ファミリー」として華々しいデビューを飾っている。

デビュー曲は30万枚のスマッシュヒット。ファースト写真集も25万部を突破し1999年の写真集売上ランキング1位を獲得。ファーストライブのチケットは数分で完売。大きな瞳にアヒル口、天真爛漫な笑顔のロリータフェイスという、久々の「正統派アイドル」登場に世の中は沸き立った。
1999年3月発売のファーストアルバム『SA』は約180万枚のミリオンヒットとなり、紅白にも出場と、怒涛の快進撃を続けていく。

全盛期を過ぎても凄かった小室哲哉のプロデュース力

プロデューサー小室の果たした役割は大きかった。レコード会社やタイアップ先を決めるなど、マネージャー的な役割も果たし、ある意味彼女のためのレーベルとなる『TRUE KiSS DiSC』まで設立している。
当時はすでに小室プロデュース時代の全盛期を過ぎていたが、意欲的に新たな試みの楽曲にチャレンジ。しかも、わずか8ヶ月の間にシングルを6作もリリースするといった驚異のハイペースぶりだった。

ファーストアルバム『SA』にはこの6作を完全収録し、メガヒットへの準備も万端。さらに、TM NETWORKの名曲『Be Together』を提供する「裏ワザ」も駆使。これが鈴木あみ最大のヒット曲となったのは、“小室マジック”健在といったところだろうか。

鈴木あみ、“芸能界のタブー”に触れてフェードアウト

2000年にはセカンドアルバムもミリオンセラーとなり、27公演にもおよぶ全国ツアーを開催と、勢いに乗る中、所属事務所社長が脱税により逮捕というまさかの事態が発生してしまう。

 

もちろん、鈴木あみ自身に非はないのだが、それに乗じて両親と共に事務所独立を画策したのがまずかった。
芸能界の“不文律”に触れたことにより、表舞台からフェードアウトさせられてしまったのだ。

「鈴木あみ時代」最後の小室プロデュース・シングルとなる『Reality』 発売直前のインタビューで、歌詞に引っ掛けて「“変わらない夢”とは?」と尋ねられた鈴木あみはこう答えている。
「それは“いま”かな。やっぱ、今、テレビで歌ってても雑誌に出てても、1位を取っても、衣装がキランキランしてても(笑)、全然夢は叶っているんだけど、でも全然これからなんだよね」
「夢は終わらない。なんか、まだまだあるって感じ。(中略)なんか、自分の中で、まだ自分が鈴木あみになりきれていないっていうか」

「これから」は来ないまま突然終了となり、2002年の再デビュー時には本名の鈴木亜美に改名。「鈴木あみ」にはなりきれないままアイドル活動のピークを終えてしまったのであった…
…。

2014年にはデビュー15周年記念シングル『graduation』を配信限定でリリースした鈴木亜美。実はプロデューサーは再び小室哲哉なのである。
つい先日には、小室の楽曲をモチーフにしたパチンコ台がデビューしたが、そこにも鈴木亜美は登場。
小室に『Be Together(一緒にいて!)』と寄り添う鈴木亜美、「夢は終わらない」ようだ。

出典http://www.excite.co.jp/News/90s/20160222/E1455780016450.html?_p=2


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ