30代の女性が転職を成功させるために抑えておくポイントとは?

a0008_001852

一昔前、女性は20代での結婚退職

30代で働いているとまるでお局様、

という世間の目は辛く厳しいものでしたが、

 

もはや現代は

そんな時代ではありませんよね。

 

女性の社会進出は右肩上がり、

男性と肩を並べてバリバリ働く女性や、

 

結婚&出産をしても

家事と両立して

仕事をこなす女性が多数です。

 

女性の採用を積極的に行う企業も増えてきており、

今は転職のチャンスとも言えるのです。

 

今回は30代の女性が

転職を成功させるために抑えておくポイント

についてまとめてみました。


将来どういう風になっていたいのかをしっかり考える

 

転職をする前に、

自身の状況と理想をしっかり把握しましょう。

 

なんとなく嫌だから転職する、

そんな状態で成功するわけがありません。

 

5年先、10年先、

両親のお世話をすることも出てくることもあります。

 

子供ができて

育児が大変になってくるかもしれません。

 

キャリアとして一生働き続けたい

仕事が恋人なんだという女性も、

 

どうなっていたいから転職したい、

という理想の将来像を

一旦冷静に考えてみましょう。

 

転職を考えているということは、

正直現状の仕事に

満足できていない部分があるということです。

 

今の職場はどういう面が不満なのか、

何を改善したいから

転職を考え始めたのかを整理しましょう。

 

転職したからと言って

必ずしも全ての状況が良くなるという

そんな甘い話はありません。

 

働いてみたら

前の会社の方が良かったなんてことも

十分ありえるのです。

 

ある意味転職は

リスクを含んだ選択肢です。

 

だからこそ転職理由と根拠を

明確にしておくことで、

 

こんなはずじゃなかった

という最悪の事態を

回避できるようにしましょう。

 

 

ここだけは譲れないというものをハッキリさせる

 

転職の目的がハッキリしたら、

ここはどうしても外せないという

 

自分の中で

優先順位を決めることが重要です。

 

何から何まで

自分の思い通りという会社がいいなら、

 

ご自身で会社を起こすことを

考えられた方がいいでしょう。

 

サラリーマンである限り、

ある程度の妥協は絶対に必要です。

 

キャリアアップを重視したいのか、

労働条件を重視したいのか

 

諦められるポイントと

ここだけは譲れない、

というボーダーラインを決めることで

会社選びが円滑に進みます。

 

実は転職に成功している女性は

その絶対条件が少なめで

 

譲れないポイントは

最大でも3つ程度です。

 

あまりに多いと

何を重視しているのか曖昧になり、

 

求人サイトを見ても

どこが自分の目的と合致しているのか、

どこも良く見えたり悪く見えたり、

 

しまいには

どこがいいのか分からない

という状況に陥りがちになります。

 

優先順位を決めたら紙に書き出し、

ちょくちょく見直していくことで、

 

転職の目的や

モチベーションを保つことができます。


能力・スキルの棚卸しをする

 

うまく棚卸しをすれば、

転職先の選択肢は幅広いものになります。

 

大切なのは

「自分自身に何ができるか」、

「自分の強みは何か」

ということを把握しておくことです。

 

自分の能力が最大限生かせる職場探しが、

成功に近づく方法の一つだと言えます。

 

例えば、営業経験者であれば、

その経験を生かすために、

 

営業系での転職を考えることは

一般的と思われます。

 

しかし、営業として身に付けた

「コミュニケーション能力」や「情報処理能力」

といった能力まで

棚卸しすることができれば、

 

それを生かすための

他の職種という

選択肢も見えてくることができ

 

転職先の幅が増えることは

間違いないでしょう。

 

 

転職活動は忍耐強く前向きに行う

 

転職活動をはじめても

すぐに希望通りの

会社が見つからないのが現実です。

 

いまいち納得できない会社に

早々と転職を決めて後悔するくらいなら、

 

納得する会社に出会えるまで

繰り返し面接を受けるほうが、

将来のことを考えてもよっぽど有益です。

 

転職活動中は

このまま一生決まらないかもしれない、

と欝状態に陥ってしまう女性もいますが、

 

現実味のさっぱりない転職を

夢見ていない限り

いつかは必ず決まるものです。

 

面接を繰り返せば

自分のプレゼンも上手くなり、

その時間は無駄にはなりません。

 

最近では

1社の面接でも

3回~4回あるのは当たり前です。

 

企業によっては

6次面接まで選考がある

なんてことを聞くと気がめげそうですが、

 

それは当然採用する側も

きちんと目的に合った人材をとる

目的で時間と労力を割いているのです。

 

一次面接だからと手を抜かず、

一回一回のチャンスに

 

最大限のパワーを発揮する

気持ちで挑んでいきましょう。

 

とは言え長期戦線になると

息抜きも大切です。

 

無理せず長い目で取り組むことができれば

あなたも立派な転職マスター

といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

何となく転職活動を始めてしまうと、

思ったような結果に

結びつかないということがあります。

 

是非今回紹介した内容を参考に

自分のプランを実現できるような

活動してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの人生を決めるのはあなた自身です。

満足のいく転職を実現しましょう。

 

【以下の記事もオススメです】

転職する際に知っておきたい!ブラック企業の見分け方とは?

安定なイメージの公務員に転職するメリットとデメリットとは?

転職する際に覚えておきたい!円満退職する方法とは?


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ