驚きの効果が!糖質オフダイエットのやり方とその効果とは?

belly-2354_640

みなさんは

普段糖質といわれる

炭水化物をよく食べてしまう方ですか?

 

かつては

そんな炭水化物なのどの

糖質を抜くことは

食事では考えられなかったですよね。

 

しかし最近では糖質を制限する

糖質オフダイエットが

注目されていて

 

痩せるだけではなく

他にも健康的になれる効果があるのです。

 

今回は糖質オフダイエットの

やり方とその効果をご紹介致します。

 

糖質オフダイエットのメリット

 

糖質制限のメリットは

糖質(炭水化物を含む)を制限すれば、

 

タンパク質や脂質は

お腹いっぱい食べられるというところです。

 

お酒も焼酎、ウィスキー、ブランデー、等の蒸留酒や

辛口ワインなら飲んでも大丈夫ですし、

 

面倒なカロリー計算を

しなくても済みダイエット方法なのです!

 

 

なぜ糖質を制限すれば痩せられるのか?

 

糖質制限ダイエットのロジックは

いたってシンプルです。

 

糖質を摂取すると

血糖値は上昇するのですが、

 

この血糖値を下げるために

体内で「インスリン」

というホルモンが生成されます。

 

このインスリンというホルモンは

脂肪を溜め込む作用もあるため、

 

その血糖値を上げないでインスリンが出ない状態にする

という発想がこの糖質制限です。

 

それなので

「低インスリンダイエット」

というようにも言われています。

 

糖質は

脳のエネルギー源になるのに

摂取しなくて大丈夫なのか?

とも思われますが、

 

脂質によって

βヒドロキシ酪酸

というものが作り出され、

 

糖質の代わりに

脳のエネルギーとして使われるようです。

 

糖質を制限して

おかずでカロリーを補おうとすると

必然的に脂質の摂取量は増えてきます。

 

睡眠時間が少なくても大丈夫になる可能性がある

 

このダイエットを成功した方で

ダイエットの効果だけではなく

短時間睡眠で大丈夫になった

なんて声もあるようです!

 

元々睡眠不足に弱くて、

6時間以下の睡眠時間では、

あきらかに頭や身体の動きが鈍る人が

 

糖質制限を始めてから、

1日4時間の睡眠で

問題なくなったくらいまでの効果を発揮したのです!

 

もちろん、昼食に

炭水化物を食べさえしなければ、

 

昼間に眠気が

くることもなかったようです。

 

糖質制限者の中で

よく言われているのは、

 

ダイエット効果にともなう、

睡眠時無呼吸症候群の軽減です。

 

睡眠時に、

脂肪の重さのせいで、

 

上気道が狭くなり、

呼吸が詰まって安眠が

妨げられるケースがあります。

 

いびきをよくかく人が

これに該当するとされます。

 

 

冷え性が改善の効果も

 

冷え性というと

女性に多いそうですが、

 

男性もけっこうな冷え性を

持っているものなんです。

 

ところが

糖質制限をして減量効果が現れ、

 

しばらくすると

冷え性がかなり改善された

なんて効果もあるようです。

 

ダイエットはよく

血行がよくなるものが多いですが

 

この糖質制限にも

やはりそういった効果があったのです。

 

 

やり方

 

では糖質オフダイエットは

どのようにやっていけばよいのでしょうか。

 

とてもシンプルなもので、

ただ糖質を制限すれば良いのです。

 

糖質はどの食品にも含まれているので

完全にシャットアウトすることはできません。

 

なので日々どれだけ糖質を

抑えられるかというところが重要になってきます。

 

糖質制限ダイエット生活において重要な点として

 

・魚、肉、甲殻類、豆腐、チーズやバターなど

タンパク質、脂質が主成分の食品は

しっかり食べても大丈夫です

 

・白パンや菓子パン、白米や麺類、お菓子など

血糖値を急激に上げる炭水化物は

極力避けるようにする。

 

・3食のうち、夕食を含めた2食は

主食を抜く

もしきつければ夕食だけ主食を抜くようにする。

 

飲み物は牛乳や果汁は控えて

ジュースを飲む場合は0kcalのものにする。

水、麦茶、ほうじ茶などはOKです。

 

・お酒はウィスキー、焼酎、ブランデー等の蒸留酒、

辛口ワイン、糖質ゼロの発泡酒なら

飲んでもOKです。

 

・野菜や海藻、キノコ類は

しっかり摂るようにする。

 

のポイントを実施していきましょう!

 

 

効果が出ない場合に見直した方が良い事

 

上記の方法を実施していても

思ったよりも効果が出ない時は

下記のポイントを見直してみましょう。

 

・お酒を飲み過ぎていると

アルコールの分解中は

脂肪の代謝機能が低下するので

痩せ難くなります。

 

・どんなに食べても痩せるという訳ではなく

糖質を極度に制限していても

必要カロリーの2倍以上のカロリーを摂取すれば、

痩せないどころか太ります。

 

普通は必要カロリーを簡単には超えませんが、

忘れずに頭に入れておきましょう。

 

・消費カロリーが

極端に低い生活をしていることがあります。

 

運動が出来ない場合は、

最も消費カロリーが多い器官である脳を使って

消費カロリーを増やしましょう。

 

「難しい」パズルを解いたり計算を行う事は

大量のカロリーを消費します。

 

【以下の記事もオススメです】

ダイエット中に食べたくなる間食におすすめな9つのおやつ

美肌効果やダイエット効果にも期待できるココアの凄さとは?

簡単にできる!寝るだけダイエットのやり方とその効果とは?

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ