意外な原因も関係!冬の乾燥肌からのかゆみの原因と対策について

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

秋冬の時期になると

肌が乾燥して

かゆくなるという方も

多いと思います。

 

ちょっと油断すると、

すぐにお肌がカサカサになって

 

顔や手や、脚や腕など体のあちこちに

白い粉がふいてしまうなんて方も

いるのではないでしょうか

 

秋から冬にかけては

さまざまな要因が重なって、

お肌がもっとも

乾燥しやすくなります。

 

かゆみの原因を把握し、

対策をしっかり行うことで

快適な冬を過ごすことができます。

 

今回は

冬の乾燥肌のかゆみの

原因と対策についてまとめてみました。

 

 

秋冬は空気がもっとも乾燥する

 

秋から冬にかけては、

一年中で空気がもっとも乾燥していて、

 

お肌から水分が

奪われやすくなります。

 

外気が湿度50%を下回ると、

お肌が

じわじわと乾燥しはじめます。

 

各季節の平均湿度を比べてみると

春(4~6月) →50~60%

夏(7~8月) →60~65%以上

秋(9~10月)→40~50%

冬(11~3月)→30~50%

 

お肌に良い湿度は

60%といわれてますので

 

秋や冬は

お肌にとってかなり過酷な環境といえます。

 

このように

お肌のうるおいを保つのが、

とっても難しい季節なのです。

 

 

暖房で空気がさらに乾燥する

 

寒い季節には

エアコンはヒーターが欠かせませんよね。

 

これが空気を

さらに、お肌を乾燥させる原因になるのです。

 

秋から冬は

ただでさえ空気が乾燥しているのに、

 

エアコンやヒーターなどの使用で、

空気さらに乾燥させちゃうので

 

お肌も

極端に乾燥しちゃうのです。

 

他にも湿度が低い場所といえば、

オフィスや映画館や飲食店

バスや電車などなど

 

エアコンが効いているのに

全く加湿されてない、

乾燥しまくりな場所って

結構ありますよね。

 

そんな場所に長時間いると…

知らず知らずのうちに、

お肌がカサカサになっているです。

 

このように

うっかり乾燥がする事が、多いんです。

 

 

皮脂や水分の分泌が少なくなる

 

また、寒い季節は

汗や皮脂の分泌が減少しがちです。

 

角質層の上には

皮脂と汗が交じり合ってできた

 

『皮脂膜』

とよばれる天然の保湿クリームがあって、

 

このごく薄い皮脂膜が

水分の蒸発を防いでくれているんです!

 

ところが

寒い季節になると毛細血管が収縮して

血流量がどんどん減少してきます。

 

そして、お肌の皮脂や汗の分泌量が低下して、

 

お肌の天然保湿クリーム(皮脂膜)が

十分に作れなくなっちゃうのです。

 

皮脂膜という

バリアを失ったお肌は、

水分が蒸発しやすい状態になってしまうのです。

 

これが

乾燥に拍車をかけてしまうのです。

 

 

お肌の新陳代謝が低下

 

冷たい北風が身にしみる季節は

お肌の血流量が減少して、

 

肌細胞を生み出す

『基底層』に

栄養が十分に行き届かなくなります。

 

そうなると

お肌の新陳代謝が

スムーズにいかなくなります。

 

古い角質と

新しい細胞の入れ替わりが上手くいかず

 

バリア機能や保湿機能が

十分に発揮できない状態になるのです!

 

お肌が完全な状態でないので

水分保持が

難しくなっちゃうんですね。

 

 

熱いお風呂も注意

 

寒い冬には

温かいお風呂が気持ちいいですよね。

 

しかし熱いお風呂は

お肌とっては良くないのです。

 

お湯の温度が高いと

お肌の表面にある皮脂膜が、

溶けて流れ出やすくなります。

 

冬は特に

長湯しがちな季節なのです。

 

熱いお風呂に

長く浸かれば浸かれるほど、

 

皮脂も

どんどん溶けだして、

お肌はかなり無防備な状態になるのです。

 

また、石鹸やボディシャンプーの使いすぎや

ナイロンタオルでの

ゴシゴシ洗いなんかもそれに拍車をかけます。

 

皮脂を取り去ってしまうので、

お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

 

すぐ保湿剤を塗る

 

入浴後5分以内に

保湿剤を塗るようにしましょう。

 

皮膚に

水分が多く含まれているので

保湿効果が上がります。

 

入浴後時間が経つと

入浴前より肌が乾燥するそうです。

 

 

室内を加湿する

 

水分を蒸発させる加湿器が

一般的に効果がありますが、

 

加湿器がない場合には

部屋に洗濯物を干したり、

 

濡らしたタオルを干すだけでも

十分効果はあります。

 

今はかわいい加湿器とかたくさんあるので

部屋に一個あるといいかもしれませんね。

 

 

肌にやさしい下着を選ぶ

 

肌着は

刺激の少ない木綿にして、

 

ウール、ナイロンといった

圧迫するものを避けます。

 

特に冬場は下着が触れるところが

痒くなったりしますよね。

 

 

まとめ

 

このように冬は湿度が低いのが

当たり前な状態なので

しっかりと対策することが必要ですね。

 

上記のことを参考に

できることからはじめてみることで

 

冬の乾燥肌の悩みも

解決されてくると思いますので

是非実践してみてください。

 

【以下の記事もオススメです】

ダイエット効果もある!寒い冬にピッタリな生姜紅茶について

年末年始の食べ過ぎで太ってしまった体を戻すダイエット方法

リーズナブルにできる!プチプチを窓に貼って寒さ対策をしよう!

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ