帰省や旅行で長期不在の多い年末年始の空き巣の対策方法

6256baa95f218fa5cf4ee7ff11197e78_s

年末年始休暇で実家に帰ったり、

旅行に出かけたという人は多いと思います。

 

また、2月から3月にかけては、

卒業旅行や引越しなどで

空き巣が増える時期だといわれています。

 

そこで数日間自宅をあける際の、

空き巣の対策方法についてご紹介致します。

 

 

空き巣に狙われやすい家の特徴は?

 

アパートの1階では

窓やベランダが

 

人目につかない場所にある場合は

特に注意が必要です!

 

またマンションの3階以上になると

ベランダに鍵をかけていない

ことが多い傾向があるようで

 

空き巣が

そこをねらってくるケースもあります。

 

また、オートロックマンションの場合、

それだけで住人が安心感を覚えてしまって

 

防犯対策が手薄になったり

戸締りを怠ったりすることもあるようです。

 

空き巣もプロなので

油断はできませんので

どんな階に住んでいても注意が必要です!

 

 

他人に知らせない在宅の演出をする

 

空き巣や不審者に狙われないようにするには、

不在であることを知らせないことです。

 

例えば、

ポストが新聞や郵便物でいっぱいになれば

留守を他人に知らせるようなものです。

 

新聞販売店に電話をして

配達を止めてもらいましょう

 

その日数分、

月額購読料を安くしてくれる場合もあります。

 

郵便局に郵便物を止めてもらう

申請手続きを行いましょう。

 

心配であれば、

町内会の班長さんに話して

回覧板も止めてもらうこともしましょう。

 

また、電気代はかかりますが

リビングの照明だけでもつけておけば、

誰か人がいるように見えます。

 

 

マーキングに気づいていないことがある

 

 

表札に

落書きや身に覚えのない印はないか

今すぐ確認をしてみましょう

 

訪問販売員や空き巣が付けている印で、

こういったものを

放置している家が狙われやすいですのです。

 

表札などに

怪しい印やラクガキがあれば

すぐに処理しましょう。

 

 

マンションの管理員に連絡しておく

 

長期不在時は

マンションの管理員さんに報告しましょう。

 

郵便物を止めるほどでもない

2~3日の場合でも、

 

郵便受けからあふれた郵便物を

預かっておいてもらうとよいでしょう。

 

 

隣近所にひと言、声がけをしておく

 

出かけるときには、

隣近所のお宅に

 

「留守中よろしくお願いします。

○○日までに戻ります」

とひと言声がけをしましょう。

 

家に戻ったら

小さなお土産を持ってご挨拶します。

 

小さな気持ちの積み重ねから

コミュニティの絆が生まれます。

 

 

留守中門灯が点いていない家は注意

 

一軒家などで

門灯が点いていないと、

留守だとすぐにバレてしまいます。

 

対策としては

夜になると自動で点灯する

門灯などを設置することで在宅を装えます。

 

窓辺に

タイマー機能の点灯システムを

つけると更に効果が上がりますよ。

 

 

カーテンは中途半端に開けておく

 

侵入犯にとっては

「カーテンの開け具合」

も不在確認のポイントです。

 

そのため

カーテンの開け具合は重要です。

 

きっちり閉めておかず、

レースのカーテンは

閉めて微妙に厚手のカーテンを

ほんのちょっと開けておきましょう。

 

 

被害を最小限に抑える方法は?

 

運悪く泥棒に入られてしまったとしても、

被害を最小限に抑える方法もあります。

 

それは自宅に

現金や貴重品をおかないことです。

 

もし置くなら机やクローゼット、

小物入れなど、わかりやすい場所に

あえて少額の現金を置いておくことなのです。

 

空き巣の被害額で

もっとも多いのは

10万円未満だそうなのです。

 

早く現場を立ち去りたい空き巣も

それで納得して

すぐに出て行ってくれるかもしれません。

 

 

まとめ

 

長期不在の防犯対策は

簡単なことが多いですが

疎かになりがちなことばかりです。

 

安心して出かけるためにも

長期不在時だけでなく、

 

日頃からしっかりと

こういった対策を

習慣にしていきましょう。

 

上記の方法を参考に

今対策ができていないところは

 

どんな箇所が該当するのか

一度チェックしてみるといいでしょう。

 

【以下の記事もオススメです】

年末年始に一人で暇な時にできる有効な時間な使い方とは?

東京で行われるカウントダウンイベントまとめ【2015】

引越しの準備はいつからがいい?上手な荷造りの方法について

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ