少しの工夫で更においしくなる!ビールの美味しい飲み方とは?

36f3c6b54a019de1ef6fdd052d1c907f_s

仕事の後のビールは、

最高のひとときですよね!

 

できれば

毎日お店で飲みたいものですが

 

経済的にそうはいかないよ

という方もいらっしゃると思います。

 

ただ、お店で飲むものと比べると、

家でのビールは

やっぱりおとってしまう

なんてこともありますよね。

 

今回は家のビールも

少しの工夫で更においしくなる

ビールの美味しい飲み方を

ご紹介致します。

 

 

できるだけ製造したてのビールを買う

 

実はビールは

とても繊細な飲み物です。

 

お店と家でもっとも違うのが、

ビールの鮮度です。

 

おいしいビールを求めるのであれば、

製造から1ヶ月以内のビール

を探しましょう。

 

普段生鮮食品は

なるべく新鮮なものを選ぶのに

 

ビールには

案外その基準がないものですよね。

 

おいしく飲むためには

なるべく出来立てのものを

選びましょう。

 

 

温度に気を配る。

 

一般的なラガーは3~5℃

淡色エールや黒ビールは5~7℃

黒色のエールは7~10℃

高アルコールのエールは10~12℃

 

と最適な温度は

ビールによって様々です。

 

自宅でビールを冷やす場合は、

7℃前後に設定されていることが多い

冷蔵庫の野菜室が最適です。

 

また、ビールが冷える時間は、

温まる時間の約3倍かかると言われています。

覚えておきましょう!

 

 

グラスを使い分ける

 

ビールの味や香りを引き出すなら、

グラスにもこだわりましょう。

 

スタイルに合ったグラスを選ぶ

のは当たり前のことですが、

 

缶や瓶の中身が

全て入り切る容量であることも

重要なポイントなんです。

 

タンブラー型のグラスは

一般的なエールビール

と相性が抜群です。

 

泡が立たないよう丁寧に注ぎ、

旨味を分散させましょう。

 

ロング型のグラスは

ラガーやエールに最適で、

多くのビールに対応する

万能型のビアグラスでもあります。

 

シャンパン型のグラス

シャンパンを飲むグラスに

似たようなデザインは

 

フルーツビールや

高アルコールビールに

ピッタリなビアグラスですよ。

 

 

グラスの洗い方にも注意

 

油汚れを落としたスポンジで洗うと、

油がグラスに残ってしまうことがあり、

 

これが泡が早く消える

原因になることもあります。

 

そのため、グラス専用のスポンジを

用意するのがベストです。

 

また、布巾などで拭かずに

よくすすいで逆さに伏せて自然乾燥すれば、

 

手の脂も付いていない

ピカピカグラスの完成します!

 

 

注ぎ方に気を配る

 

ビール注ぎ方にもこだわると、

味わいはグンと増します。

 

オーソドックスな

おいしいビールの注ぎ方として

 

STEP1

グラスを斜めに傾けます。

 

STEP2

グラスの底に向けて、

なるべく同じ速さで注ぎます。

 

STEP3

グラスの半分まで注いだら、

泡の様子を確認します。

 

STEP4

泡が落ち着いたら

グラスを平らなテーブルに置き、

一気に注ぎ込みます。

 

そうすると

きめ細かな泡が自然と発生します!

 

均一に泡が出来上がれば、

見事大成功です!

 

 

喉に流し込むようにグッと飲もう

 

ビールの泡は

酸化を防ぐ蓋の役割をしています。

 

泡は上唇で押さえて、

中のグラスの中の液体を

飲むようにしましょう。

 

そのためにはある

程度の角度までグラスを

傾ける必要があります。

 

その角度で

一気にビールを喉に流し込む飲み方が

ビールの正しい飲み方です。

 

喉ごしを感じて

おいしく飲みましょう!

 

 

ビールを飲むとしょっぱいものが食べたくなるのはなぜ?

 

ビールは他のお酒に比べて

カリウムが多く含まれています。

 

ビールを飲むと

カリウムが体内のナトリウムと

くっついて排泄されてしまいます。

 

そうなるとナトリウムも摂取しなくては

ナトリウム不足になってしまいます。

 

ビールを飲むと

しょっぱいものが食べたくなるのは、

 

体がナトリウムを

欲しているからだったんです。

 

 

賞味期限はどれくらい?

 

缶ビールは缶底に、

びんビールはラベルに表示されていて

 

賞味期限は約9ヶ月です。

 

ただし、上記にもあげたように

時間の経過とともに

新鮮度も損なわれていきます。

 

 

まとめ

 

ビール好きの人なら

当たり前のポイントが

多かったかもしれませんが

 

いつも缶のまま飲んでしまっている人は

驚きの連続

だったのではないのでしょうか。

 

缶のままだとガス圧も高く、

泡が無い状態で飲むことにもなるので、

 

以上の方法を参考に

家庭でもおいしいビールを

飲んでみてはいかがでしょうか。

 

【以下の記事もオススメです】

赤ワインと白ワインの美容効果の違いと気になるカロリーは?

マッサンでウイスキーブーム!健康にいい飲み方と効能効果を調査

合コンでさりげなくボディタッチして男性心理を操る方法を伝授

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ