受験勉強で集中力を維持するために効果がある方法とは?

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

受験勉強をする上で

集中力って

かなり必要なパワーでありますよね。

 

受験生の方の中には

集中力が上がったり下がったりしている人も

いるのではないのでしょうか

 

集中力を

うまくコントロールできる方法を知っていると

勉強も効率的に進みそうですよね。

 

今回は受験勉強で

集中力を維持するために

効果がある方法

についてまとめてみました。

 

 

30分勉強して10分休憩をとる

 

勉強をしていく上では

休憩を工夫して取ることが

非常に重要になります。

 

30分勉強して

10分程度休憩とるのことが

程良い時間です。

 

長時間勉強をし続けるのは

あまりお勧めできません。

 

これは脳のメカニズムを理解すると

この休憩の必要性が理解できます。

 

脳のメカニズムは非常に単純で

つらいことを避け、

楽しむことを好む構造になっています。

 

つまり

「勉強=つらい」

という認識することを避けることが、

 

集中力を

低下させないことへつながるのです。

 

そのために、休憩時間を

やや多めにとることと効果的です。

 

この方法のポイントは

つらいという感情が出る前に

休憩するということです。

 

脳科学的には

集中できる時間は90分が最大です。

 

しかし長時間勉強するには、

90分も持ちません。

 

30分を超えると、

勉強がつらいと感じ始めてしまいます。

 

しかし、その直前で休憩をとれば、

つらいという感情がでません。

 

また、勉強を再開する際にも、

「30分だけだやるか」

 

という気持ちで始めることができるため、

つらい感情が出にくくなります。

 

そのため「勉強=つらい」

と脳に認識されにくくなり

長期な勉強は非常に効果的です。

 

 

音楽を聞く

 

音楽を聞きながら

勉強するのは効果的です。

 

音楽をかけないで

静かな状態だと一見集中できそうですが、

 

無音に近い状態だと

集中力は発揮できません。

 

音楽を聞いてリラックスすると、

脳内にアルファ波が出てきて

集中力が高まります。

 

しかし音楽であれば

どんな音楽でも

いいというわけではなく

 

何の音楽を流せばいいのか?というと

クラシックの定番「モーツァルト」です!

 

最新の研究で、

モーツァルトの音楽は

 

集中力を高めるのに

最高のBGMであることが証明されました。

 

今までクラシックなんて

聞かなかった受験生も

 

これからは「モーツァルト」

にお世話になりましょう。

 

 

低GI食品を摂取するようにする

 

脳の栄養は糖分のため、

糖分がきれてしまうと

集中力が切れてしまいます。

 

そのため、砂糖をたくさん

摂取すればいいような気がしますが、

そうではありません。

 

白砂糖は吸収が早いため、

急激に血糖値が高まります。

そして、ある時間が過ぎると

急激に血糖値が下がります。

 

そのため、血糖値が下がるとともに、

集中力が下がってしまいます。

 

そしてその急激な血糖値の変化によって

体に負担となり、

集中力の持続が難しくなります。

 

そこで血糖値を高く、

一定に保つには

低GI食品を選べばいいのです。

 

低GI食品は

糖の栄養を

すっくりとしてくれるのです。

 

そのため、血糖値が適した高さ一定に保つことができ、

集中力を持続させることができるのです。

 

それではその低GI食品は

なにから取れるかというと、

玄米やそば、果物などです。

 

たくさんありますので

簡単な指標をいうと、

白いものは高GI食品と覚えて下さい。

 

うどん→そば

食パン→ライ麦パン

というように

 

白い食物を

避けた方がいいのです。

 

 

カフェインを上手に摂取する

 

脳を覚醒させるための栄養は

カフェインで

 

カフェインの摂取により、

ドーパミンや

ノルアドレナリンが放出されます。

 

これらの栄養素によって、

脳が覚醒状態になり

集中した状態を作ることができます。

 

ではカフェインは

どのように摂取できるかというと

 

コーヒー、紅茶、お茶

を飲むことによって

摂取することができます。

 

集中力を高めたいときに

意識してこれらを摂取しましょう!

 

コーヒーよりも紅茶のほうが

カフェインの含有量が多いので、

 

カフェインで

素早く脳を集中させたいときは、

紅茶を飲む方がオススメです。

 

さらに、集中した際には

エネルギーを大量に消費しますので、

糖分を大量に消費します。

 

糖分(白砂糖ではない)と

一緒にカフェインを摂取すると

効果を一層実感することがでるでしょう。

 

しかし、カフェインには

集中力を向上させる

 

といういい面がある一方で、

中毒性もあります。

 

さらに、大量の摂取は

脳への耐性もついてしますので、

多量の摂取は控えるようにしましょう。

 

集中力を一時的に上げたい

試験当日、模擬試験を

受けている時だとといいと思います。

 

【以下の記事もオススメです】

受験グッズに込められた合格メッセージとは?【お菓子編】

受験勉強のモチベーションをぶれずに維持する方法とは?

勉強は夜の方が効果的?夜型の生活のメリットとデメリットとは?

 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ