ミシュランはタイヤの会社なのになぜグルメ?三ツ星の基準は?

L3425120003239532

毎年年末になると

ミシュランガイドの発表があり

三つ星のお店が注目されますよね。

 

ただ毎年発表の際に

ミシュランは元々タイヤの会社なのに

 

なぜグルメガイドを

出版するんだろうと思ったことがある方も

いらっしゃると思います。

 

またミシュランガイドの

評価基準やどうやって調査しているか

そんなことも

気になった方もいらっしゃると思います。

 

今回は

ミシュランガイドのことについて

調べてまとめてみました。

 

 

ミシュランってどんな会社?

 

ミシュランは、

世界で初めてラジアルタイヤを

製品化したフランスのタイヤメーカー。

 

2005年に

ブリヂストンに抜かれるまでは

世界最大手のタイヤメーカであった。

 

同社の発行する、

いわゆる「三つ星」評価付きの

旅行ガイドブック

『レッドガイドブック』を指す場合も多い。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3

 

このように

ミシュラン自体は

タイヤの会社なのです

 

では

なぜそんなミシュランが

グルメガイドを出しているか

そのルーツを辿っていきましょう

 

 

ミシュランガイドの歴史

 

ミシュランガイドは

1900年に

 

より安全で楽しい

ドライブのための

ガイドブックとしてはじまったものなのです。

 

ホテルやレストランだけでなく、

パンクの修理方法や

空気圧の調整方法まで記した

ガイドブックだったのです。

 

1900年というのは、

当時のパリ万博に

合わせたものだったそうです。

 

当時は数千人もいなかった

自動車保有者に向けた、

 

タイヤ会社の

販促用パンフレットのようなものだったのです。

 

100年以上も

歴史があるものだったのですね。

 

 

レストランが掲載されるようになったのは1920年から

 

ミシュランガイドが

有料になったのは1920年からで、

 

ここで初めて

レストランが掲載されるようになりました。

 

ミシュラン・ガイドブックを

発行することによって

 

そうすればもっと家族で外食に出かけて

車を使ってドライブしてもらえて

タイヤを使ってもらえる!

 

そうすればタイヤが消耗して、

ひいてはタイヤが売れるぞ!!

 

このような戦略で

グルメガイドに

力を入れるようになったのです。

 

 

ギネスブックも同ミシュランと発想

 

よく色んな記録達成の際に使われる

「ギネス」

という言葉

 

これはあのビールの

「ギネスビール」

と関連しているのをご存知でしたでしょうか

 

ギネス・ブックが

出版されたのは1951年のことです。

 

自社の

コースターに記録を掲載したのがはじまりで

 

ギネスビールの専務は、

「世の中の様々なくだらないであろう世界一」

が載っている本を出版すれば、

 

それを話題に酒場で盛り上がり、

ギネスビールの売り上げにも

繋がるのではないかと考えられて

つくられたものだったのです。

 

まさに

ミシュランガイドと同じ発想ですね。

 

 

評価基準は?

 

ミシュランの星の数は

どんな基準なんだろう

と思った方もいらっしゃると思います。

 

その星の意味は

 

一つ星

「そのカテゴリーで

特に美味しい料理を提供するレストラン 」

 

二つ星

「極めて美味な料理であり、

遠回りしてでも訪れる価値がある 」

 

三つ星

「卓越した料理を供する。

それを味わうために訪れる事自体が旅の目的になり得る」

 

このような評価基準だったのです

 

決して

美味しさだけが基準ではなかったのです。

 

タイヤの会社ですので

やはり「車での移動」

というところがキーポイントになっていますね。

 

内装やサービスは

星の評価の対象にはなっていないようです。

 

ミシュランの評価の基準は

イメージと違ってとてもシンプルです。

 

また、読者からの手紙やメールにも目を通し、

それを元に調査することもあるそうです。

 

 

どうやって調査しているのか

 

調査員が

どのようにして

日々調査しているのかも

気になりますよね。

 

私的な感情を振り払い、

年間に500~600食を食べ

ホテルに100泊して

日々レポート活動を行っています。

 

東京版の

覆面調査員は6人で行い

うち4人が日本人だったそうです。

 

調査中にバレたらやり直し、

月曜日の

昼から金曜日の昼まで9食連続調査するそうです。

 

おいしい食べ物を

食べられるのはいいことですが、

それだけ大変な苦労もしているのです。

 

審査員は調査の内容に関して

口外してはならないとなっていますが

 

ただし、ひとりだけ、

夫やパートナーには、真実を打ち明けてもよい

ということになっているそうです。

 

1年の内の多くをホテルで

過ごさなければならないため、

 

家族の支えや協力、

理解が必要になってくる仕事なのです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

ミシュランガイドには

ドライブや旅行で車を使うことから

 

そこにタイヤが関わるから

グルメというわけだったのですね。

 

歴史としては100年以上続いている

ミシュランガイドは

これから先も毎年注目される

ものになりそうですね。

 

是非ドライブデートの際なんかには

このミシュランガイドで

紹介されているお店を使って

 

さらに素敵なデートにするための

演出に使ってみてはいかがでしょうか。

 

【以下の記事もオススメです】

寿司屋さんでの正しい食べ方のルールや醤油やガリの使い方とは?

雰囲気が素敵な東京の夜カフェデートおすすめカフェ10選

まだまだ人気が続くパンケーキ!都内のおすすめパンケーキ店7選
 

 


LINEで共有する場合はこちらから
LINEで送る


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ